So-net無料ブログ作成
検索選択
アンテナショップ ブログトップ

さいとう製菓  かもめの玉子 [アンテナショップ]

重いですぅ~、嫌になるくらい重いです、ソネットさん。
我が家はいまだにアナログ接続(!!!)なので、遅くて遅くてブログを書く気になれません…
ずっとこのまま重いのかなぁ…どんより…
ソネットのせいにしないで、まずアナログ接続をなんとかした方がいいですかね…[たらーっ(汗)]

愚痴はこれくらいにして、今回はメジャーお菓子で気分を盛り上げましょう!
岩手の銘菓「さいとう製菓」さんの「かもめの玉子」でーす。
かもめの玉子.JPG
「大手亡(白いんげん豆のこと。白色小粒の美しい豆で、白餡をつくる時に利用される)」「砂糖(白ザラメ)」「小麦粉」「鶏卵」等を永年かけて育んだ、しっとりほくほくの黄身餡をホワイトチョコレートで包みあげた風味豊かなお菓子です。

玉子のカラの部分→ホワイトチョコレート
    白身の部分→スポンジケーキ
    黄身の部分→黄身餡         となっています。断面図を描けば良かったと今さら後悔。

定番の「かもめの玉子」の他に、おめでたい「紅白かもめの玉子」や「黄金かもめの玉子」、春限定の「いちご」のほか、「バナナ」もあります。
(追記*季節限定物では他に、桃・栗・みかんがあるそうです。KILTさんのブログ( http://blog.so-net.ne.jp/kilt/2007-06-21 )より)

今回はちょっと小さめの「ミニかもめの玉子」を描きました。私の小さい口にもピッタリ。うふ[キスマーク]
(実際は、ギャル曽根ちゃんのようにバクッと一口で食べましたよ、えぇ、もちろんですとも)。
素朴で優しい、どこか懐かしい味がしました。

さいとう製菓  http://www.saitoseika.co.jp/top.php

私は南部せんべいと共に、こちらで購入↓

いわて銀河プラザ



志賀煎餅 耳たぶせんべい(南部煎餅) [アンテナショップ]

なんだか昨日の話題は、何処も彼処もチョコだらけで、正直ウンザリしている方、いらっしゃいませんか?
実は「何かしょっぱい物食べたい…」と思っている方も多いはず…(笑)。

そんなわけで、超あっさりさっぱり味の物を選びました。
色まであっさりさっぱりで、ちょっと寂しいぞ。
これじゃ、見に来てくれる人も減っちゃいそう…(笑)。
でも、私が子供の頃から好きなお菓子の一つなのです。

岩手のお土産として有名な南部煎餅です。
南部煎餅の詳しいことはこちら→http://www5.pref.iwate.jp/~hp0401/brand/item/0172.html

今回は岩手県の「志賀煎餅」さんの「耳たぶせんべい」にしました。
数ある南部煎餅の中で、何故このお煎餅にしたかというと。
この「耳たぶせんべい」は、煎餅の縁の「耳」と呼ばれる部分が大きいのです。
そして、私はこの「耳」の部分が好きなのです~。
小さい頃はこの「耳」の部分だけパキパキ折って食べ、あとは残していたので母に叱られました(苦笑)。
でも、私と同じ気持ちの人は少なくなかったようで、「耳」の部分だけを集めた物も売っているようです(オドロキ)。
しかもその名も「せんべいの耳」。そのまんまやんけ~と、ツッコミたくなりまんな。
でも、確かに食べてみたいなぁ…
ま、とりあえず…「耳たぶせんべい」を食べて満足してます。

こちら↓で購入 

いわて銀河プラザ


六花亭 ストロベリーチョコ [アンテナショップ]

もうすぐバレンタインデーですね。
せっかくなのでチョコの絵にしよう!と決めたものの、この時季はあまりにもチョコの数が多く、チョコ売り場に行ってもどれにしたらいいか迷ってしまいそうです(チョコ好きなもので…)。

…で、結局これになりました(笑)。
これならご存知の方も多いでしょうし、まいっか…ということで。
他にも描いてみたいチョコはあるので、それはまた別の機会に。

というわけで、北海道の「六花亭」さんの「ストロベリーチョコ」です。
先日、六花亭さんは「マルセイバターサンド」をとりあげたばかりですが、いいですよね?
このお花のパッケージは一度は描いてみたいと思っていました。
(北海道出身の坂本直行氏のイラストだそうです。なんと、坂本龍馬のご子孫のようですよ。
詳しくはこちらhttp://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~ryoma/naoyukiten-naoyuki.htm)
蓋の部分にもお花の絵が描いてあるんですが、蓋と同系色なので目立たないんですよね~。
しかも色鉛筆だともっと目立たなくなってしまいました(号泣)。せっかく描いたのに~。

このストロベリーチョコにはホワイト(チョコ)とミルク(チョコ)があり、今回食べ比べてみたんですが、どちらかというと私はミルクチョコの方が好きでした。
それならミルクチョコを描けばいいのに…と言われそうだし、実際どちらを描くか迷ったんですが、ホワイトの方がより六花亭さんらしい感じがしたので(笑)。

フリーズドライのイチゴの甘酸っぱさと周りのチョコの甘さがほどよくマッチしていて、とても美味しいです~♪
「マルセイバターサンド」とともに六花亭の看板商品のひとつになっています。

六花亭 http://www.rokkatei.co.jp/meika_w.html

こちら↓で購入

北海道どさんこプラザ


六花亭 マルセイバターサンド [アンテナショップ]

そろそろ更新のペースをゆっくりにしようと思っているのですが、いつまでも節分の鬼を放置しておくのは恥ずかしいので(苦笑)、今日だけはがんばって更新します。

今回は北海道の「六花亭」さんの「マルセイバターサンド」です。
久しぶりにメジャーなお菓子にしてみました。
このお菓子を食べるまでは、レーズンサンドといえば「小川軒(新橋店)」さんの「レーズンウィッチ」が一番さっ!と思い込んでいました。
それで、このお菓子を見たとき、
「六花亭のマルセイバターサンド?何?マルセイって…?
六花亭はチョコレートだけ作っていればいいのよ、ふんっ(荒い鼻息)!」と思いながらも食べてみると。

「何これ、おいしいじゃんっ!レーズンウィッチと甲乙つけがたい!六花亭はチョコだけじゃないんだっ!!」
と、すっかりバターサンドびいきになったわけです。(えぇ、そういうヤツなんです、私って)

でも、実はレーズンは好きじゃありません……。だけど、これはウマイっ!

包み紙の模様も描いたんですが、イマイチはっきりしませんね。

六花亭 http://www.rokkatei.co.jp/meika_w.html

今回、私はここ↓で買いました。

北海道どさんこプラザ


アンテナショップ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。