So-net無料ブログ作成
検索選択
和菓子(都内) ブログトップ

山田家 人形焼 [和菓子(都内)]

今日のお菓子は書きたいことがたくさんあって、うまくまとめることが出来るかどうか、不安なんですが…[たらーっ(汗)]
東京の墨田区にある「山田家(やまだや)」さんの「人形焼」です。

山田家人形焼.JPG
人形焼といえば七福神や紅葉などをかたどった物が一般的ですが、こちらのお店には地元に伝わる「本所七不思議」をモチーフにした人形焼があります。(本所七不思議については一番下↓の山田家さんのHPに載っています。)
昔は七不思議に一つずつ、七つの形があったそうですが、今残るのは「おいてけ堀」のたぬきと「津軽の太鼓」の太鼓だけだそうです(七不思議以外の人形焼では、紅葉三笠山があります。ちなみに紅葉は餡なしです)。
なつかしいカステラ味の皮に、たっぷりのこし餡。たぬきの頭からしっぽまであんこがいっぱい詰まっています。
包装紙には漫画家の宮尾しげを氏が描いた本所七不思議のお話が書かれています。

さて…
山田家さんの人形焼の絵を描こうと思った時、非常に悩んだのがこの包装紙でした。
山田家さんと言えば、この「包装紙」なのです。

ちょっと話が横にそれますが、作家の宮部みゆきさんがこちらのお店を贔屓にしていらっしゃるのだそうです。
そしてこの包装紙の絵に触発されて「本所七不思議」をテーマに七つの短編を書き上げたそうです。
(「本所深川ふしぎ草紙」/新潮文庫……ちなみにNHKでドラマ化されました)。

更に脇にそれるのですが……
この「本所深川ふしぎ草紙」を読んだ私の友人Tちゃんが、私に
「山田家さんの包装紙が欲しい~。そして(「本所深川ふしぎ草紙」の)文庫本のカバーにしたい!!!」
と力説するので、友達思いの私[わーい(嬉しい顔)]は通勤帰りに途中下車し、人形焼を買いがてら「包装紙が欲しいんですが…」とお店の方に頼みました。
お店の方(たぶんパートのおばちゃん)は不思議そうな顔をしながらも、「これでいいの?」と2~3枚くださいました。
それを渡したときのTちゃんは、本当に嬉しそうでした。
Tちゃん、あなたに見せたかった絵はこれなのよ(笑)。

えーと、話を戻して。
そうそう、包装紙ですよ。
この包装紙を描かないと山田家さんじゃない!との思いは強かったのですが、この包装紙、白ぬきの文字がたくさん書いてあるじゃないですか[がく~(落胆した顔)]
色鉛筆でこの白ぬき文字を描くのはとても難しい……というより、面倒なのです。
(緑色を塗った上から白の色鉛筆で書くことはできないし、緑色を塗った後、上から修正液で字を書こうかとも思ったのですが、なんだかそれではズルしてるみたいで、嫌だったんです[たらーっ(汗)])
ちまちまと文字の部分だけ色を塗らないようにして、白ぬき文字を書いていきました。
この包装紙の絵で力を使い果たしてしまったので、肝心の人形焼の絵がイマイチ…[バッド(下向き矢印)]。  これが素人の甘さですね。

さて、今日はまだ続きますよ。
人形焼などの和菓子を食べる時には、美味しいお茶が飲みたくなりますよね。
以前からお邪魔しているブログ「和(カズ)の修行日記」のお茶屋さんのお店「蒲南茶荘」さんのお茶を通販で購入させていただきました!

蒲南茶荘.JPG
はっきり言ってお茶は近所でも買えるのですが[わーい(嬉しい顔)]、お茶屋さんのブログを読んでいると、お茶屋さんの温かく真面目な人柄がよくわかり、
「この人の薦めてくれるお茶なら飲んでみたい」と思ったのです。
今は、ピンクパッケージ「紫水」をいただいてます。とても美味しいですよ~。
甘いお菓子に美味しい緑茶。
日本人に生まれて良かったと思う至福のひとときですね~♪
お茶屋さん、ありがとうございました(ご丁寧に手書きの説明もいただき、注文から商品到着までもすごく早くてビックリしました)。

美味しいお茶の淹れ方など、お茶のことならお任せ!
お茶屋さんのブログ  http://kazutaka.blog.so-net.ne.jp/

本所七不思議の詳細を知りたい方は是非!
山田家さん  http://e-sumida.gr.jp/yamadaya/


山田家(やまだや)


nice!(32)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

うさぎや うさぎまんじゅう [和菓子(都内)]

えー、久々に和菓子です。
台東区上野の「うさぎや」さんです。
こちらのお店の看板商品は「と゜らやき」で、遠くから足を運ぶ人もいるそうです。
私が買いに行った時も、どんどん「どらやき」が売れていました。(他のお菓子もばんばん売れてましたよ。)
でも、どらやきは絵にしにくいので無しっ(笑)。
それで何にしたかと言うと、「うさぎまんじゅう」です(タイトルでバレバレやん!)。

大和芋をつなぎに使った真っ白な薄手の皮に、しっとりしたこしあん。
皮からは大和芋の香りがほのかにします(この香りが苦手な人もいるかも)。
焼印の耳とつぶらな赤い目のうさぎがとてもかわいい一品です。
でーーもーーねーーっ…

でも。
白い紙に白いうさぎまんじゅうの絵を描いてもイマイチ寂しいんです。
そう思って、別売りの贈答用紙袋(一番小さいサイズ ¥20ナリ)も買っておきましたよ。
ご覧の通り、紙袋、大活躍です(笑)。
わかります?二つ乗っているのがうさぎまんじゅうですよ(笑)。
これじゃ、「うさぎや」の「紙袋」を描いたと言った方がいい気がします。

と、なんだか文句たらたらになってしまいましたが(そんなことはないんですよ)、こちらのお店は作りたてにこだわっていらっしゃるため、他にお店を出さず、一店舗のみで販売しているそうです。
さすがっ。

うさぎや http://www.tctv.ne.jp/usagiya

うさぎや


nice!(14)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

(根津)金太郎飴 金太郎飴 [和菓子(都内)]

さて今回は「(根津)金太郎飴」さんの金太郎飴です。
以前はお店が小石川にあったので「小石川金太郎飴」という名前だったようです。
前に友達の披露宴で、新郎新婦の顔の金太郎飴をいただいた事があります。
印象に残るし、かさばらないし、軽いし、なかなかいい引き出物だと思いました。

金太郎飴と名前のつくお店がもう一軒あります(もしかしたら、もっとあるのかもしれません)。
台東区根岸にある「金太郎飴本店」さんです。
同じ金太郎飴でも、お顔が全然違います。

左は私が行った根津の金太郎飴         右は根岸の金太郎飴本店

根岸の金太郎の方が断然強そうです。
でもなんとなくぬけている根津の金太郎も捨てがたいです。
さあ、皆さんはどちらがお好みでしょうか…? (笑)

根津 金太郎飴


紀の善  抹茶ババロア [和菓子(都内)]

新宿区神楽坂にある「紀の善」さんの「抹茶ババロア」です。
もう随分前に、豊川悦司と中山美穂の主演したドラマ(「ラブストーリー」TBS・日曜劇場/2001年4月)があったんですが、そのドラマにこの抹茶ババロアが出てきました。
抹茶好きの私にはたまらない一品です。
でも高いので、そうちょくちょくは食べられませーーん(ちなみに1個¥630)。

紀の善


nice!(10)  コメント(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

三原堂 池ぶくろうもなか [和菓子(都内)]

豊島区池袋にある三原堂さんの「池ぶくろうもなか」です。
どこかとぼけたふくろうの絵の包装紙と、ふくろうの形の最中がまぬけな感じで私好み♪

池袋三原堂 http://www.ik-miharado.shop-site.jp/ こちらの「池袋銘菓」のところに出ています。

池袋三原堂


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
和菓子(都内) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。